ウーマン

増える希望者!ベイザーで最新の痩身効果を体感せよ

垂れたバストを改善する

先生

若い女性にも見られる

バストが下向きに垂れてしまっているという悩みを持つ女性は数多く存在しています。しかしそういった女性のほとんどは、40代から50代以降くらいになるとある程度バストが垂れてくるのは仕方がないとあきらめていると見られます。ところが、若い女性であっても出産後の授乳などがきっかけとなってバストが垂れてくるケースがあるので注意が必要です。バストを持ち上げるための体操などもありますが、一度垂れてしまうと元に戻すのはなかなか困難だからです。そのような場合には、大阪の美容外科で垂れたバストを持ち上げる施術を受けるという方法があります。大阪の美容外科では、バストにプロテーゼを挿入する方法や注入剤を入れる方法など、さまざまなバストの改善法を用意しています。

具体的な施術法

垂れたバストを改善するための方法として大阪の美容外科で受けられる一番簡単なものは、ヒアルロン酸を注入するというものです。ヒアルロン酸は通常のバストアップにもよく用いられる素材ですが、入れる場所を工夫することで垂れたバストに張りをよみがえらせ、持ち上がって見える効果を出すことができます。ヒアルロン酸注入は日帰りで受けられますが、もっと長続きする効果が欲しい人には医療用のプロテーゼを挿入する方法もあります。さらに根本的に垂れたバストを改善したいという人のために、大阪の美容外科ではいくつかの術式によるバストリフト手術も行っています。患者の今のバストの状態や希望する大きさ・形に合わせて施術法が決まり、張りのある上向きのバストを形作ることができます。